埼玉県さいたま市には、盆栽村と呼ばれている地域があります。
ここは、かつて大宮市と呼ばれていた場所ですが、盆栽村は、盆栽業者がひとつの場所に集結している一帯の地域を指しています。
盆栽といえば、今や日本のみならず、海外の盆栽愛好家も多いといわれています。

この旧大宮市の一角に、埼玉県では高級住宅地として知られる特別風致地区があります。
東京小石川の盆栽業者は、1923年関東大震災が起こった後に、この地区に空気と水のきれいな場所を求めて、こちらに移住してきました。
それが盆栽村の始まりでした。

この地区がなぜ盆栽業者の目に留まったかといいますと、それは良質な関東ローム層の赤土でありました。
そこで、土地を買い取り、新しい街作りに励んだのです。
盆栽業者とは言え、皆一般人であることで、街づくりをまっさらな土地から始めたのは大変希なことでしたが、街づくりにあたって、一定のルールが与えられていました。

それは、移住した際には盆栽を10鉢以上持つこと、家は平屋にする、垣根をつけない、門戸は開け放しておくこと、等でした。
街の一定のルールのもとに住居が定められているため、それが尚一掃、環境を整えて、美しい街づくりのポイントともなっていました。
こうして出来た盆栽村は、多くの愛好家たちにも大きな影響を及ぼし、この村がオープンしてから20年たった後には、周辺に30軒もの盆栽園が出来ることになります。
そして、1940年には、旧大宮市の盆栽村一帯を、盆栽町として特別に住居表示されることになったのです。